2008年12月28日日曜日

ムーニー&ケニー@パラダイス本舗


昨日、年賀状を投函、その足で中央林間「パラダイス本舗」へ。

駅で電車を待っていたら、ホームに鳩が数羽寄ってきて、ホーム上に落ちていた「コアラのマーチ」をつついている。

懸命につつくが、鳩のくちばしではなかなか「コアラのマーチ」は粉砕できず、そのままではでかすぎて嚥下できず、食えないでいる。一羽があきらめると、入れ替わり、別の鳩がくちばしで粉砕しようと試みるが、やっぱりダメ。

「何、何、何やってるの、食い物食い物食い物、オイラにやらせろ、ワシにやらせろ」とどんどん鳩が寄ってきて、入れ替わり立ち替わり、コツコツと。鳩は馬鹿だから、「無理無理」という先駆者の経験伝達が成されない。

しばらくその様子を眺めていて、鳩の群れの中心まで赴き、(「おいおい、このおっさん、何する気だ」と鳩たちの視線を一身に浴びつつ)、「コアラのマーチ」を靴でグシュと踏んづけてやったら、ものの数秒で粉砕された「コアラのマーチ」は数羽の鳩たちの胃袋へ消えていったのだった。

なんだかいいことをしたような気がして、にんまりしながら顔を上げたら、そのときホームで電車を待っていた多くの人からこの顛末、見られておった、とさ。


さて、パラダイス本舗で「本舗繋がり」の友人達、仕事帰りのウチのオクさんも集い、アメリカン・ルーツミュージック系、ノスタルジック・スウィング系、「エロ可愛い」といった語法で言うなら、「シブあったかい」楽曲が中心のアンクル・ムーニーとケニー井上のデュオ・ライブを見たのだった。

「レイジー・ボーン」、「レイジー・リヴァー」といたってレイジーに始まり、ムーニーさんと「歌う司会者」ケニーさんがほぼ交互にボーカルを務めつつ、ホーギー・カーマイケルの楽曲をメインに、途中、本舗店主、洋介さんも加わり、僕の大好きな楽曲のひとつ、I'll See You In My Dreamなんかもやってくれました。後半はブルーズ・ハープの方も飛び入り参加、盛り上がったな。ムーニーさんの「スプーン芸」も間近で見られた。

ムーニーさんとは、実は30年ほど前のバイト仲間であり、スーパーの店頭でお茶を売る仕事だったが、一度だけ組んで仕事をした。そのお茶の販売会社、突然会社が倒産し、路頭に迷ったいきさつがある。ムーニーさんは倒産する前にクビになったそうだ。髭を剃れと言われ、剃らなかったことが解雇の理由だと、今回お聞きした。僕は当時、肩まで届く長髪だったが、特に注意されなかったなあ。

そんなわけで、グッタイム・ミュージックを満喫し、酔っぱらって帰路、路肩のコンクリート・ブロックに蹴躓き、転んでしまった。指先をすりむく程度の軽症で済んだが、路上に転んだのは、大人になって記憶がない。今年のオチがついた。

0 件のコメント: