2008年10月1日水曜日

最近の小商い挿絵仕事1

角川「本の旅人」で春先から連載、挿画を描かせて頂いていた西村京太郎『殺人者は西に向かう』が今月号で了。連載7回で終わりだった。零細イラストレーターとしてはもう少し引き延ばしていただきたかったところ。

これに関する過去日記1
これに関する過去日記2
これに関する過去日記3

東京の一隅、とある安アパートで「後期高齢」の老人が孤老死し、遺体が発見されるところから物語は始まり、老人の死を発端に、周辺から連続殺人事件が起こり、事件は何故か本州の西、岡山に集中し、だからおなじみ警視庁捜査一課、十津川警部はやたら新幹線「のぞみ」に乗り、岡山出張の日々を送ることになる。そして、事件の真相は、老人の過去の人生における「闇」の部分にあるのではないかと十津川は推理する。
孤老死した老人の長い人生における「闇」の部分とは、彼とかつての仕事仲間は若い頃、岡山の温泉旅館で、どんちゃん騒ぎをし、若気の至りからとんでもないことをしてしまい、それは、泥酔し悪ふざけの果て、誤って若い女(温泉芸者)を殺してしまった、という暗い暗い事実だった。
しかし、その事件は表に出ることなく、闇に葬りされられ、やがて時効となったのだが、老人の死により、結果的に闇に葬り去られていたはずの事実に光が当てられ、連続殺人の真相が解き明かされていく。とまあ、そんな内容だった。

誰しも、人生において葬り去りたい過去というものがあるのではないか。僕もある、ぽろぽろ。万引きはあります、本の。十代の頃ですけど。幸運にも捕まらなかったけど。他にも、……いくつか書こうと思ったけどやめた。「若気の至り」の類ですが。でも、さすがに殺人はないな、たぶん。


その老人(達)が誤って殺してしまった岡山の温泉芸者のイメージ。もちろん、初めから上下逆さまに描いたのではなく、描いたものを上下逆さまにした。いつか使いたかったこの手口、編集氏には好評だったみたいで良かった。


その温泉芸者に横恋慕していた少年のイメージ。彼がやがて成長し、復讐を果たそうと思い立つことが連続殺人のきっかけとなる。


最終章のイメージ。物語当初、孤老死した老人をアパートに訪ねる「謎の30代美人女性」というのがいて、僕はこの女性が物語の伏線として登場し、事件解明の鍵となると思っていたのだが、結局事件には直接関係がなかった。十津川警部曰く「あの女性は、どこの誰だかはわかりませんが、(不幸な老人にとって)そこにロマンスの香りをかぎたいと思っているんです」と。うーん、それはありなの? 西村先生、と思ったが、最後は綺麗にまとめたかったので孤老死老人の「ロマンスの香り」を描いてみた。

0 件のコメント: