2008年9月13日土曜日

Ukulele Live@blog "No Reply"

Written by Lennon, McCartney



This happened once before,
When I came to your door,
No reply.
They said it wasn't you,
But I saw you peep through your window,
I saw the light, I saw the light,
I know that you saw me,
'cause I looked up to see your face.

I tried to telephone,
They said that you weren't home,
That's a lie,
'cause I know where you've been,
I saw you walk in your door,
I nearly died, I nearly died,
'cause you walked hand in hand
With another man in my place.

If I were you I'd realize that I
Love you more than any other guy,
And I'll forgive the lies that I
Heard before when you gave me no reply.

I've tried to telephone,
They said you were not home,
That's a lie,
'cause I know where you've been,
I saw you walk in your door,
I nearly died, I nearly died,
'cause you walked hand in hand
With another man in my place.

No reply, no reply.

-------------------------------------------------------------------------------

この間、君の家に行ったのに
返事がなかった
家の人は、君はいないって言ってたけど
君が窓から覗いてるのを、僕は見たんだ
明かりがついてた
君の部屋の明かりがついてた
知ってたんだ、君が僕を見ていたことを
だって君と目が合ったんだから

電話もかけてみた
家の人は、君はいないって言ってたけど
あれウソだ
だって君がどこへ行ってたか知ってたし
君がドアを開けて家に入ってくところを、僕は見てたんだ
死んでしまいそうだよ
僕は死んでしまいそう
だって君は他の男と手をつないで歩いてただろ
僕じゃなくて他の男と

僕が君だったらすぐわかるのに
僕が他のどんな男より君を愛してるってことが
でも僕は君のウソも許してあげようと思う
居留守を使って僕に返事をしなかったことも

また電話してみたけど
やっぱり君はいないって言われたけど
あれもウソだよね
君がどこへ行ってたかわかってるんだ
君が家に入ってくところを、僕は見てたんだ
死んでしまいそうだよ
僕は死んでしまいそうなくらい辛いよ
だって君は他の男と手をつないで歩いてただろ
僕じゃなくて他の男と

君に会いたくてもこたえてくれない
君に会いたくても返事がない

-------------------------------------------------------------------------------

僕は似たような経験あるんですね。高1のときだったか、好きになった女の子に手紙をたくさん送りつけたのに、「つれないそぶり」だったもんで、彼女の家に押しかけたのだった。

それで、彼女は家にいたんだけど「会いたくない」ということで、彼女の母親が出てきて「うちの子になんかのぼせていないで、もっと勉強しなさい」と説教されたのだった。

訳詞をしてみると、なんだかストーカーの歌みたいだと思った。

0 件のコメント: