2008年9月23日火曜日

パラダイス本舗一周年ぱーてぃー


昨夜は、ロックなおじさんとおばさん(ロックなおねいさんはあまり見かけない、残念だが)達のパラダイス、中央林間「パラダイス本舗」で開店一周年ぱーちいがあったのぢゃ。

誘い合わせた友人Iさん夫婦と一緒に中央林間駅に降り立つといきなりのゲリラ豪雨。なんじゃこりゃとハードなレインに濡れそぼりながら足早に本舗まで。やれやれと店内に入ればそこはいつもの音楽パラダイス。パラダイス繋がり、Mさん、Nさん&オクサマも来店し、音楽談義で盛り上がっているとライブが始まり、なんとなく音を出すんだろうな、と思いウクレレは持ってきたけれど、なんだなんだまともな演奏をするロープな方々ばかりではないか。こんなことならちゃんと準備、練習をしてくるんだったと思いつつ、みなさんが演奏に真剣に耳を傾ける前半はパスして、みなさん酔いが回りぐずぐずになったとろこでちょこっとやってお茶を濁そうと内心思っていたら、終盤いい感じに店内がぐずぐずになってきたので、今だ今だとステージに立ったときには僕もかなり酔っぱらってぐずぐずになってしまっていて、なんだかしっちゃかめんこの歌を歌ってしまったのだった。

でも、有り難いことに、仏様のように心の広い店舗主人の元・夕焼け楽団ギタリスト、藤田洋介さんは僕のしっちゃか歌のバックでギターを弾いてくださり、友人Nさんもとろけるようなラップ・スティールで伴奏してくだすった。ありがたや。

店主・洋介さんから以前「今度、一緒にやりましょうよ」と有り難い言葉を頂いていて、Nさん合わせ、このセッションバンド名をかの「夕焼け楽団」に倣い「言い訳楽団」と洋介さんが命名。

昨夜はだから、記念すべき楽団デビューであったが、ボーカル&ウクレレ担当(僕のことだが)が、準備不足&飲み過ぎのため、ちょっといろいろコード間違えたり、歌詞間違えたりしたので僕としてはイマイチのパフォーマンスなのでした。でも、ステージに立ってから曲目を考える(えーと、ぶっつけですぐできる曲、すぐできる曲、と考え、必殺の3コード楽曲、Bring It On Home To MeとKnock'n On Heaven's DoorとNo Woman, No Cry、これはコードが4つか)という状況だからしょうがないよね…、と、まあ色々「言い訳」するのが「言い訳楽団」ならばこそ。

ともあれ、憧れの洋介さんのギター&Nさんのラップ・スティールをバックに歌えて嬉しかったっす。次回機会があれば、そこそこ準備・練習し、そこそこ「しらふ」で、あんまり言い訳しなくてもいいような演奏をしたいなあ、と思っているのでした。


画像は「言い訳楽団」の3名(「隠し砦の三悪人」或いは「スリー・アミーゴズ」)
画像提供:Nさんのオクサマ

0 件のコメント: