2008年6月1日日曜日

Ukulele Live@Blog "Lucy In The Sky With Diamonds"


Ukulele Live@Blog"Lucy In The Sky With Diamonds"

Written in 1967
By John Lennon and Paul McCartney



Picture yourself in a boat on a river,
With tangerine trees and marmalade skies
Somebody calls you, you answer quite slowly,
A girl with kaleidoscope eyes.

Cellophane flowers of yellow and green,
Towering over your head.
Look for the girl with the sun in her eyes,
And she's gone.

Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Ah... Ah...

Follow her down to a bridge by a fountain
Where rocking horse people eat marshmallow pies,
Everyone smiles as you drift past the flowers,
That grow so incredibly high.
Newspaper taxis appear on the shore,
Waiting to take you away.
Climb in the back with your head in the clouds,
And you're gone.

Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Ah... Ah...

Picture yourself on a train in a station,
With plasticine porters with looking glass ties,
Suddenly someone is there at the turnstile,
The girl with kaleidoscope eyes.

Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Lucy in the sky with diamonds
Ah... Ah...


思い描いてごらん 君は川に浮かぶ船に乗っている
ダンジェリンの木とマーマレードの空
誰かが君を呼ぶ 君はゆっくり返事をする
そこには万華鏡の目を持つ一人の少女

黄色やら緑色のセロファンの花が
君の頭上高くそびえている
太陽の目をした少女を探していたんだ
でも、何処かへ行ってしまった。

ルーシーは 空に ダイヤモンドを持って
ルーシーは 空に ダイヤモンドを持って
ルーシーは 空に ダイヤモンドを持って

少女のあとを追って泉のそばの橋へ
そこにいるのは 木馬にまたがりがマシュマロパイを食べている人たち
みんなにこにこしている 君が漂いながら花々を通って行くときに
花は 信じられないほど高く育っていく


新聞紙のタクシーが岸に現れて
君を連れ去ろうと待っている
後部座席に乗り込んだが 頭は雲のなか
そして君はいなくなる

思い描いてごらん 君は駅に停車中の列車の中
紙粘土で作った赤帽さんは 鏡のネクタイ
突然 誰かが改札口に現れる
それは あの万華鏡の目をした少女

ルーシーは 空に ダイヤモンドを散りばめながら 
ルーシーは 空に ダイヤモンドを散りばめながら
ルーシーは 空に ダイヤモンドを散りばめながら
------------------------------------------------------------------------------------------------
この曲のタイトルの頭文字がLSDとなっていることは有名だが、「たまたまだった」とジョンは言っている。ジョンとシンシアの息子、ジュリアンの描いた絵から着想を得たということだ。

今回はオベーション・エレウクを使用、ガレージバンドでフェイザーエフェクトをかましました。

0 件のコメント: