2008年6月15日日曜日

Ukulele Live@blog "Iko Iko"

Iko Iko

The song, under the original title "Jock-A-Mo", was written in 1954 by James "Sugar Boy" Crawford in New Orleans



Iko iko Iko iko unday
Jockamo feeno ai nané Jockamo fee nané

オラのばあさま オメのばあさま
たき火をかこんでた
オラのばあさま オメのばあさまに
こう言ったのさ

Talkin' 'bout   
Hey now, Hey now,  Iko iko unday
Jockamo feeno ai nané Jockamo fee nané

真っ赤な服着た王様 Iko iko unday
おめえを殺しにやって来る Jockamo fee nané

Talkin' 'bout   
Hey now, Hey now,  Iko iko unday
Jockamo feeno ai nané Jockamo fee nané

オラのハタ坊 オメのハタ坊
たき火をかこんでた
オラのハタ坊 オメのハタ坊に
こう言ったのさ

Talkin' 'bout   
Hey now, Hey now,  Iko iko unday
Jockamo feeno ai nané Jockamo fee nané

緑の服着た男 Iko iko unday
やつは人間じゃないlovin' machine
Jockamo fee nané

Talkin' 'bout   
Hey now, Hey now,  Iko iko unday
Jockamo feeno ai nané Jockamo fee nané
__________________________________________

ルイジアナ・クリオール・フレンチという言語をベースに書かれた歌詞、ということ。iko ikoっていうのは、ガンビアの言葉、"ago!, ago!" から来たようで、 "listen!"とか"attention!" とかいう意味、らしい。Jockamoはインディアンが戦いを始めるときのおまじないのようなもの、らしい。

Dr.ジョンもなんかのインタビューで歌詞の意味は「ワシにもよくわからねえっす」と言っていたような気がします。

訳詞はDixi Cupsの歌詞から。

0 件のコメント: