2008年5月31日土曜日

家に帰ると、手伝いの前に


宿題を済ませます。家に電気がないので。

と、照れくさそうに笑った、と続く。西アフリカ、マリ、ネリコ村の小学6年生、ママさんの言葉。本日付朝日新聞一面、最貧国のひとつ、マリの「共同体学校」の現状をを訴える記事から。教師の給料は3万2500フラン(8千円あまり)。

国が何もしないから、貧しい村でありながら大人達がお金と労力を出し合って学校を建設した。しかし依然として、子ども達の多くは「重要な労働力」、勉強は仕事の合間に行う。それでも、子ども達は「毎日の学校が楽しみ」であると。

「リッチな国」のひとつ、日本の小学生は親の手伝いをする代わりに塾に向かう。そして、日本の小学生2万6503人、中学生11万2913人の計13万8696人が不登校状態(2001年度調査)。どちらの小学生が幸せであるか、「答えは風の中」。


金曜日は授業の日、リッチな国のプアな学校での昨日の授業は、午前中の2コマをさいて、「中国四川大地震」特集。「背に腹は変えられない」中国も日本の支援を歓迎し、大災害を「不幸中の幸い」とするにはいささか問題もあるかと思うが、胡錦濤訪日も大地震直前であったことも幸いし、ある意味、近年の日中外交の最大の成果を得ようとしている、と言えるのでは。

「いままで日本人は嫌いだったが、今は感謝している」という中国被災者の言葉になんだかほっとするお人好し日本人の僕も一人である。最初、救援に向かったレスキュー隊のみなさん、現在救援をしている医療隊のみなさん、ご苦労様。自衛隊機派遣はさすがに実現できなかったようだが、「災害エキスパート」の日本の善意と力を十分、中国に与えて欲しい、と願いますね。

0 件のコメント: